HOME > 遺言書作成 > 遺言書の書き方

遺言書の書き方

遺言書の書き方いざ遺言書を書こうとしても、一体どのように書けばいいのか…。こちらでは、自筆証書遺言の方法による遺言書の書き方として、一般的な例を掲載しております。ご参考にして下さい。

遺言書の例

遺言書

遺言者山川太郎は、次のとおり遺言する。

第一条 遺言者は、遺言者の所有する次の財産を妻山川花子(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

1.土地
所  在○○県○○市○○町○丁目
地  番○○番
地  目宅  地
地  積○○○・○○平方メートル
2.建物
所  在○○県○○市○○町○丁目○○番地
家屋番号○○番
種  類居 宅
構  造木造瓦葺二階建
床面積一階  ○○・○○平方メートル
 二階  ○○・○○平方メートル
3.日本郵政公社(○○郵便局)にある遺言者名義の貯金

第二条 遺言者は、遺言者の所有する次の財産を、長男山川一郎(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

1.土地
所  在  ○○県○○市○○町○丁目
地  番  ○○番
地  目  宅  地
地  積  ○○○○・○○平方メートル
2.建物
所  在  ○○県○○市○○町○丁目○○番地
家屋番号  ○○番
種  類  工 場
構  造  鉄骨造陸屋二階建
床面積   一階  ○○○・○○平方メートル
       二階  ○○○・○○平方メートル
3.株式会社山川機械製作所の株式のうち遺言者が有する○○○株を全部。
4.上記2に記載された建物内にある機械類その他の動産一切。
5.○○銀行○○支店にある遺言者名義の預金
6.○○証券を通じて購入している遺言者名義の投資信託

第三条 遺言者は、前2条記載の財産を除く遺言者の有する不動産、預貯金、現金その他一切の財産を、長女松田早苗(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

第四条 遺言者は、遺言者の借入金、その他未払債務、公租公課の支払を長男山川一郎に負担させる。

第五条 遺言者は、この遺言の執行者として、○○県○○市△△町○丁目○番○号司法書士甲山三郎氏を指定する。


   平成○○年○月○日
        ○○県○○市○○町○丁目○番○号
               遺言者    山 川  太 郎   (印)

注意点

上の遺言書は、自筆証書遺言の見本です。全文を自分で手書きし、忘れずに日付と氏名書き入れてください。印鑑は認印でも構いませんが、なるべくなら実印の方が良いでしょう。作成後、封筒に入れて封印をし、信頼できる身近な人に預けておくと良いでしょう。もし書き間違えた場合、民法で定められている厳格な方法で、訂正しなければなりません。これを守らないと無効になります。全文を書き直した方が無難だといえます。遺言の内容はいつでも何度でも変更できます。新しい遺言書を書き直すだけで、それが優先することになります。
信頼できる人を遺言執行者として、「遺言執行者に○○を指定する」の一節をぜひ書き入れておきましょう。

※遺言書の中の文字を書き加えたり、削除したり、そのほかに変更をしたときは、必ず、遺言者は、「第何行目の第何字を何字削り、何字加える」というように、変更した場所を指示し、変更したことを付記した後に署名し、その上、変更した場所に押印しておかなければなりません。

お問い合わせ我孫子総合事務所 ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください 東京(代表)03-3366-5232 横浜(代表)045-290-6006 債務処理 無料相談 お問い合わせ

ページトップへ


東京
東京都新宿区西新宿八丁目1番16号 アドバンスビル3F
Tel:03-3366-5232 Fax:03-3360-9692 E-mail:tokyo@abiko.co.jp
横浜
横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2F
Tel:045-290-6006 Fax:045-290-6007  E-mail:yokohama@abiko.co.jp

Copyright(c) 2006 ABIKO. All Rights Reserved.