HOME > 遺言書作成 > 遺言でできること

遺言でできること

遺言でできること遺言を残すことは、自分の意思を遺族に伝える非常に有効な手段ですが、何でもできる訳ではありません。遺言ができる事柄は、法律で定められた事項に限られています。ちなみに、「葬儀は家族葬にしてくれ」とか「兄弟は仲良くいつまでも助け合って暮らせ」というような遺訓は、法律上の遺言には当たりません。

相続に関係がある事柄

  1. 自分の死後、財産を誰かに与えること。これを遺贈といいます。
  2. 相続の分け前を決めること。これを相続分の指定といいます。
  3. 相続人の資格を失わせること、または、その取り消し。これを相続人の廃除または廃除の取り消しといいます。
  4. 遺産分割の方法を決めること。
  5. 遺言を執行する者を決めること、または指定を委託すること。これを遺言執行者の指定または指定の委託といいます。

などが主なものです。

相続に関係ない身分上の事柄

  1. 結婚外でできた子を自分の子として認めること。これを認知といいます。
  2. 子供の後見人または後見監督人を指定すること。

などが主なものです。

その他の事柄

  1. 財団法人を設立するための寄付行為をすること。
  2. 先祖の祭祀、墓などの承継者を指定すること。
  3. 信託の設定。

などがあります。

お問い合わせ我孫子総合事務所 ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください 東京(代表)03-3366-5232 横浜(代表)045-290-6006 債務処理 無料相談 お問い合わせ

ページトップへ


東京
東京都新宿区西新宿八丁目1番16号 アドバンスビル3F
Tel:03-3366-5232 Fax:03-3360-9692 E-mail:tokyo@abiko.co.jp
横浜
横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2F
Tel:045-290-6006 Fax:045-290-6007  E-mail:yokohama@abiko.co.jp

Copyright(c) 2006 ABIKO. All Rights Reserved.