HOME > 相続手続き > 遺産分割協議

遺産分割協議

遺産分割協議遺産分割とは、数人の相続人の共有になっている遺産を、それぞれの相続分に応じて、分配することです。遺産分割の方法には、協議によるもの、家庭裁判所の審判によるもの、遺言によるものなどがあります。こちらでは、協議による分割についてご説明します。

遺産分割協議とは

共同相続人が、お互い納得した上で遺産が相続できるように協議することを遺産分割協議といいます。被相続人が遺言で分割を禁じた場合を除けば、いつでも共同相続人全員の協議で遺産分割をすることができます。遺産分割のためには、遺産の評価が必要になります。この評価は、相続が開始された時ではなく、分割をする時を基準にします。

また、遺産分割は、遺産の種類・性質、各相続人の年齢・職業・心身の状態、生活の状況その他の事情を考慮して行うこと、と民法で定められています。

遺産分割の方法

分割の方法としては、次のようなものが考えられます。

  1. 現物分割・・・遺産の中の個々の財産を、Aさんには土地、Bさんには家屋、Cさんには預金というように分配する方法です。
  2. 換価分割・・・遺産の全部またはその一部を売却して、その代金を分配する方法です。
  3. 債務負担による方法・・・たとえば、店舗等の営業用の資産を特定の相続人Aさんに受け継がしたいときは、Aさんがその資産を相続するとともに、Aさんが他の相続人BさんCさんに対して貰いすぎた分を借金として返済していく方法です。
  4. 以上の方法を組み合わせたもの。

遺産分割協議がまとまらないときは

相続人同士で分割協議をした結果、話し合いがまとまらないか、または相続人の中の誰かが行方不明や協議を拒んだ場合には、家庭裁判所に「遺産分割の調停申立」または「遺産分割の審判申立」をすることができます。

家庭裁判所での遺産分割はまず調停で、それが調わないときは家事審判で決められます。しかし、遺産分割の前提となる遺産の範囲や相続人の身分関係に争いがあるときは、まず民事訴訟を起こして解決することになります。

遺産分割の時期

共同相続人は、遺言で禁じられた場合を除いて、いつでも協議をして遺産の分割をすることができます。
いつまでに行わなければならないという期限はありませんが、相続税の申告期限までには、遺産分割が決まっていなければなりません。また、遺言によって、遺産の一部または全部について分割禁止がなされている場合は、分割することはできません。

遺産分割協議書の作成

相続人の間で遺産分割の協議がまとまったときは、後日の紛争を未然に防止するためにも、必ず遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書

平成○○年○月○日、○○県○○市○○町○番地 山田太郎の死亡によって開始した相続の共同相続人である山田花子、山田一郎は、本日、その相続財産について、次の通り遺産分割の協議を行った。

1.相続人山田花子は、次の遺産を取得する。
○○○○市○○町○丁目○番
宅地  ○○○・○○平方メートル
同所同番地所在
家屋番号 ○○番 
木造瓦葺2階建
床面積  1階  ○○○.○○平方メートル
       2階  ○○○.○○平方メートル
2.相続人山田一郎は、次の遺産を取得する。
株式会社○○銀行○○店の定期預金(口座番号○○○○○)○○○万円及び○○株式会社の株式300株(株券番号○○○○○)
3.相続人山田一郎は、次の債務を承継する。
株式会社○○銀行○○支店からの借入金○○○万円

上記のとおり相続人全員による遺産分割協議が成立したので、これを証するため、
本書2通を作成し、署名押印の上、各1通宛所持する。

平成○年○月○日
○○県○○市○○町○丁目○番○号
           相続人     山田 花子     (印)
○○府○○市○○区○町○丁目○番○号
           相続人     山田 一郎    (印)

実印を押印し、各人の印鑑証明書を添付します。

お問い合わせ我孫子総合事務所 ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください 東京(代表)03-3366-5232 横浜(代表)045-290-6006 債務処理 無料相談 お問い合わせ

ページトップへ


東京
東京都新宿区西新宿八丁目1番16号 アドバンスビル3F
Tel:03-3366-5232 Fax:03-3360-9692 E-mail:tokyo@abiko.co.jp
横浜
横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2F
Tel:045-290-6006 Fax:045-290-6007  E-mail:yokohama@abiko.co.jp

Copyright(c) 2006 ABIKO. All Rights Reserved.