HOME > 不動産・土地境界 > 土地分筆登記・合筆登記

土地分筆登記・合筆登記

土地分筆登記・合筆登記一筆として登記されている土地を二筆以上の複数筆に分割する登記を分筆登記。逆に、数筆の土地を合併して一筆の土地とするものを合筆登記といいます。土地を複数筆に分けようとお考えの方や、合筆登記の申請についてお悩みの方は、我孫子総合事務所へお気軽にご相談ください。

土地の分筆登記

土地の分筆登記とは、一筆の土地を分割して数筆の土地にする登記をいいます。登記の申請は当該土地の所有権の登記名義人から行います。土地が共有の場合には、共有者全員から申請しなくてはなりませんが、土地の一部の地目(注1)が変更になったために行う『一部地目変更・分筆登記』は共有者の一人から申請できます。

注1:地目とは、宅地、田、畑、山林など全部で23種類に区分して定められている土地の用途のことです。

分筆

どのような時に分筆登記が必要か

(1)相続において、分割した土地を各相続人に単有で相続させたい時

甲が1番の土地を所有していて死亡した時の相続人が乙・丙の場合、分筆登記をすることで乙が1番1を、丙が1番2をそれぞれ単有で相続することができる。

(2)土地の一部を贈与または売却したい時

1番の土地の内、右側半分だけを売却したい場合は、分筆登記をすることで1番2を売却することができる。

(3)土地の一部が別地目になった時

土地の地目は一筆に対して、1種類の地目しか登記できません。そのため、土地の一部が別の地目になった場合は、分筆登記を行い地目変更の登記を行う必要があります。たとえば、地目が宅地だった1番の土地の右側半分を駐車場として他人に貸すことになった場合などは、駐車場部分の地目は雑種地になりますので、分筆して地目変更をします。この場合、『一部地目変更・分筆』として1件で申請できます。

土地の合筆登記

土地の合筆登記とは、数筆の土地を合併して一筆の土地にする登記をいいます。登記の申請は当該土地の所有権の登記名義人から行います。土地が共有の場合には、共有者全員から申請しなくてはいけません。

合筆

どのような時に合筆登記が必要か

  1. 数筆の土地を所有していて、管理が煩雑になる場合
  2. 数筆の土地を所有しているが、その土地の利用形態に現況を合わすための分筆の前提とする場合

たとえば、1番、2番、3番の土地を所有していて、全体の右半分を他人に貸すか売却する場合は、そのまま分筆してしまうと更に細切れになってしまい煩雑になるため、通常はいったん合筆登記をして一筆にしてから分筆登記をします。

土地の合筆禁止

土地の合筆登記には、いくつかの制限があります。

  1. 所有者の異なる土地は合筆できない
  2. 地目の異なる土地は合筆できない
  3. 字の異なる土地は合筆できない
  4. 接続しない土地は合筆できない

その他にも合筆できない条件があります。

お問い合わせ我孫子総合事務所 ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください 東京(代表)03-3366-5232 横浜(代表)045-290-6006 債務処理 無料相談 お問い合わせ

ページトップへ


東京
東京都新宿区西新宿八丁目1番16号 アドバンスビル3F
Tel:03-3366-5232 Fax:03-3360-9692 E-mail:tokyo@abiko.co.jp
横浜
横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2F
Tel:045-290-6006 Fax:045-290-6007  E-mail:yokohama@abiko.co.jp

Copyright(c) 2006 ABIKO. All Rights Reserved.